加齢臭、臭う原因

おやじ臭とは加齢臭のこと、臭う原因は?

スポンサードリンク

加齢臭の臭いのもとになるのは、ノネナールという酸化物質。ノネナールは40代以上で発生し、30代ではぺラルゴン酸が発生します。これは脂肪酸と脂分が酸素と結びつくことで酸化して変質した過酸化脂質が反応してできたものです。

 

皮膚の表面に出てきた脂は、汗や古くなった皮膚と混ざり、これは時間がたつと酸素などによってい酸化して変質します。それらが菌や微生物により分解されて臭いを発するのです。

 

若いころ(10~20代)は、さほど皮脂の分泌量は多くありません。
その代りに激しい新陳代謝で出てきた角質(アカ)と汗が、
菌や微生物に分解されてツンとした臭いが発生します。
汗くささが時間がたってツンとした強い臭いに変わります。
このツンとした臭いも30代になると減少します。

 

30代になると増えてくるのが加齢臭。
30代ではぺラルゴン酸、40代になるとノネナールが多く発生することになります。

 

実は若い人の臭いは、臭いの原因である角質をお風呂できちんときれいに洗浄し、
さらには殺菌作用のある石鹸などを使えば簡単に抑えることができます。
そう、きちんと、きれいに洗浄すれば抑えられます。
若い人の臭いはシンプルな原因だったりするんですね。

 

年齢を重ねるとそう容易ではなくなってきます。
分泌される物質が違うとお伝えした通り、
臭いの原因や臭い自体も変わってくるのでシンプルではいかなくなるのです。

スポンサードリンク