加齢臭、おやじ臭は洗い方で違う

おやじ臭は体の洗い方で変わってきます

スポンサードリンク

人間の体の中で特に臭い部分はあるのでしょうか?
誰もが思い当たるのは陰部です。そして、両脇です。
その他にも臭う場所、つまり皮脂の分泌量が多い場所がいくつかあります。

 

頭皮、おでこ鼻にかけてのTゾーン、耳の後ろから首全体にかけて、胸、背筋にそった背中たの中心部、です。

 

そんなところも臭うのか!?と驚かれるかもしれません。実際、自分では鼻を近づけて臭えませんので、また自分の臭いには慣れてしまっているので臭いを感じることはないかもしれません。

 

臭いに敏感な人なら、ふっと横を向いたときに、自身の頭皮の臭いを嗅ぐことがあります。脂臭いと思われるかな?頭の臭いあ指先で頭皮をこすり、指を臭ってみるとよくわかります。朝と夕方では臭いが違います。明らかに夕方は臭いです。同じように、耳の後ろ部分とか、首筋に近い頭皮を擦って臭ってみると、どれだけくさいのかがわかります。

 

その臭いは、自分で匂った臭いと同じ臭いで、他人がすれ違い様や近くにいて感じる臭いです。普通に近くへ寄っただけでは臭わないかもしれませんが、フッと横を向いたとか向きを変えたなど、空気に乗って臭いは散っていきます。

 

こういった部分をキレイに洗うことで臭いを抑えることができます。

 

耳の後ろが忘れがちですよね。頭も耳の後ろの部分やうなじ付近をそう念入りに洗うことはないかもしれません。てっぺんの部分ばかりが気になるのは、皮脂がたまり、たまると抜け毛の原因になるからという理由からかもしれません。実は洗いすぎると、皮膚は潤いが足りないと判断して余計に皮脂を出そうとします。洗いすぎはよくないのです。

 

洗い方にもいろいろあります。タオルとお風呂用の化学繊維が混ざったタオルとでは違います。先ほどもお伝えしたように、あまりゴシゴシ洗ってしまうのも皮膚にとってはよくありません。さっぱりしたい方はゴシゴシと洗いあがりがキュキュっとするくらい洗いますが、お風呂から出て肌がつっぱるようであれば、あまり正しい洗い方とはいえません。すぐにローションなどで潤すなど、皮膚を潤わせる(守ってやる)ことが大切です。

 

まず何より、体のどの部分に皮脂の分泌量が多いのか、そこを認識することで、体を洗う際には気にするようになるでしょう。

 

あなたの臭さが好きだわ、という人は、極々少ないです。
意識して入浴してみましょう。

スポンサードリンク