加齢臭、おやじ臭の臭い

おやじ臭とはどんな臭いなのでしょう

スポンサードリンク

おやじ臭とは加齢臭のこと。
加齢臭とは、人間が出す皮脂が酸化することで発生する、脂っぽい臭いのことです。加齢という名称から高齢者というわけではありません。また高齢者に多く分泌されるわけでもなく、女性にも発生します。

 

40代を過ぎたころから臭い始めるケースが多いです。20代の臭いとは違う、脂くさい変な臭いです。人によってその臭いは違います。ポマードのような臭いだったり、魚が腐ったような臭いだったり。

 

ただ、自分ではその臭いに気づかないから厄介です。
口の臭いもそうです。歯磨きした後だから大丈夫だろうと安心していても、他人は臭いと感じているかもしれません。

 

臭いは脳のメカニズムで、慣れてしまい臭わなくなるそうです。

 

他人の家へ行くと実感できるはず。玄関を入ると、そのお宅の臭いがします。
芳香剤の香りがするお宅、埃っぽい臭いやそれこそ脂っぽい臭いなど、
無臭のお宅はないに等しく、生活の匂いを感じるはず。

 

なのに、自宅では何も感じないのです。自宅は無臭なのです。
それと同じで、自分の臭いについては自分では気づいていないことがほとんどです。
そして、残念なことに、臭いについて指摘してくれる人が少ないのです。
何でも言い合えるご夫婦なら、「あなた、臭いわよ!」と遠慮なく言ってくれるでしょう。

 

会社ではどうでしょうか?
同僚が「○○さん、匂います。臭いですよ」と声にしてくれるでしょうか?
気にするようなことを言うと失礼だからとプライバシーについては目をつむっているのが一般です。

 

しかしながら、自分の体臭に嫌な思いをしている人がいるかもしれないのです。
誰にも何も言われないので自分は大丈夫だと安心していても、
おやじ臭・加齢臭は性別関係なく確実に発生しているのです。

 

一日着ていたシャツを脱いで、嗅いでみるとよいでしょう。
ティッシュで拭い、臭いを嗅いでみてもわかります。
自分がどんな臭いを放っているのか。
自分は臭いのか臭くないのか、確認できるはずです。

スポンサードリンク