加齢臭、おやじ臭は30代から

おやじ臭は30代から発生する!?

スポンサードリンク

加齢臭と聞くと、40代か50代で発生すると思われがちです。名前が加齢なので年をとった人と思い込むのもしかたありません。実は、臭いのもととなる皮脂の分泌量は30代がピークなのです。

 

洗剤とか化粧品メーカーの石鹸、消臭系の商品を思い出してみてください。
30代からの男性に、30代のオトコのニオイに、といったフレーズをよく見かけませんか?加齢臭となる皮脂の分泌量が最大となるのが30代だから、30代を対象にした商品が売り出されているのです。

 

加齢臭という言葉を使わないのは、消費者が買いにくいという事情があるからだそうです。
そうですよね、痔の薬とかゴムとか、照れくさいような恥ずかしい気持ちを押し隠して買いますよね。
私はそうです。もちろん、堂々とされている方もいらっしゃいます。
同じような理由で、やはり加齢臭がしているとは思われたくないと
心の奥底では感じているので手が出しにくいのだと思います。

 

ちなみに、皮質の分泌量ですが、
30代→40代→50代→20代→10代の順で量が多いようです。

 

もともと「加齢臭」という言葉は、
1999年に資生堂が「高齢者特有のニオイの元」を発見したときに命名されたもの。
ノネナールというニオイの元となる酸化物質を突き止めたのが始まりです。
正確には、ノネナールは40代以上で発生し、
ライオンは30代男性の脂っぽいニオイの原因はぺラルゴン酸という脂肪酸の一種だと突き止めています。

 

皮膚の表面に出てきた脂はさほど臭くありません。
汗や古くなった皮膚と混ざり、時間の経過とともに酸化して変質します。
それらは菌や微生物によって分解され、そこで臭いを発しはじめるのです。

 

若いうちは新陳代謝が活発なので汗や皮膚のカスの量が多く、
年をとると皮膚のカスは減りますが脂の成分が変化してきます。
年齢により臭いが違うのはそのせいです。

 

臭いを表現してみると、若いうちは青臭いような攻撃性のあるツンとした臭い、
中高年は脂臭さのなかに攻撃性があり、かつ何となく枯れたような古くさい臭いです。
かなり年齢がいった方で思わず息を止めたくなるよなきつい臭いを感じることがあります。

 

年齢とともに分泌量や分泌物の変化があり、臭いも年齢とともに変化していくようです。

スポンサードリンク