加齢臭、おやじ臭の石鹸

おやじ臭に効果のある石鹸について

スポンサードリンク

加齢臭という言葉を耳にするようになり14年ほどたちます。加齢臭に対策された商品が数多く出回り、若い世代は恥ずかしさよりもむしろ、肌ケアしていることが誇らしいかのように商品を買い、堂々と職場で使用している光景を見かけるようになりました。(その頃の私の年代ですと、考えられないかもしれません)

 

さて、加齢臭に効果のある石鹸で、柿渋石鹸は有名です。
柿渋は古くから、天然の防腐剤、脱臭剤として使われています。加齢臭を抑えるポリフェノール素材としては、いろいろな商品に柿渋がもっとも多く使用されています。
ポリフェノールとは、悪臭の元を包み込むような物質で、皮脂が酸化していくのをくい止めるような機能があります。強力に皮脂の変質を防ぎながら、臭いの元となる物質も取り去る、ダブルの効果があるとてもすばらしい物質となります。

 

もっと現実的に解説しますと、ぶどうにはポリフェノールが多く含まれており、ワインが体にはいいという話はよく聞きますよね。ぶどうの皮の色の濃い部分などにポリフェノールは多く含まれ、太陽の紫外線や酸素などで葉や種子、果実が酸化しないように守っています。収穫されたぶどうを購入して食べるまでにどれくらいの時間が経過しているでしょう。それでも新鮮なぶどうを口にできるのは、ポリフェノールのおかげとも言えます。

 

また、お茶にもポリフェノールは多く含まれており、カテキンが入ったガムなど有名ではないでしょうか?口臭を抑える効果があります。あとウーロン茶です。焼き肉など脂の濃いものを食べた時はウーロン茶を飲むと、脂を分解するとか消臭すると聞きます。

 

そういったいろいろな種類のポリフェノールを含んだ石鹸が体の臭い消しには効果があります。

スポンサードリンク